ブランディングのふるさと副業一覧

9
【集客施策】栃木県の『道の駅はが』に、県外からの来場者を増やしたい!導線確保とファン化までのストーリーを一緒に考えてください!
芳賀町ロマン開発株式会社
芳賀町ロマン開発株式会社
座談会応募
NEW
【集客施策】栃木県の『道の駅はが』に、県外からの来場者を増やしたい!導線確保とファン化までのストーリーを一緒に考えてください!
■事業内容 当社は、栃木県芳賀郡芳賀町にある「道の駅はが」を運営している会社です。 「道の駅はが」には様々な顔があり、農産物直販所、物産館、温泉施設、アイスクリームやベーカリーなどの販売、レストラン、BBQ場、イベント場、展示場など、多様な楽しみ方をしていただくことができます。 ■ビジョン 当社は、道の駅を通じて、町全体を活気づけていきたいという想いを持っています。 芳賀町は、宇都宮ライトレールという次世代型路面電車が走っていたり、自然豊かな風景が広がり四季折々の景色を楽しむことができたり、美味しい梨が採れたりと、魅力あふれる町です。 しかしながら、人口減少が進んでいる現状もあり、ゆくゆくは、道の駅を訪れたことがきっかけで芳賀に移住してもらえる人を増やしていきたいという大きな目標があります。 そのためにも、まずは芳賀町の観光を盛り上げていきたい、訪れてくれる人を増やしたいという想いがあり、道の駅を観光の目玉のスポットにできるよう、邁進していきたいと考えています。
【オープンポジション】◆にっぽん津々浦々◆日本各地の高品質商品販売事業にサンカク!
株式会社スペースアイランド
株式会社スペースアイランド
座談会応募
NEW
【オープンポジション】◆にっぽん津々浦々◆日本各地の高品質商品販売事業にサンカク!
◆事業内容◆ 弊社が運営する「にっぽん津々浦々」は、日々の暮らしを豊かにするためのインターネット通販ショップを運営しております。食品、調味料、日用雑貨品、伝統工芸品、ペット用品など、多岐にわたる商品を取り扱い、ECモールや自社ECサイトを通じて、全国の皆様に愛される商品をお届けしています。 【受賞歴】 楽天グループ株式会社が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」において、「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー」受賞4回(内、大賞1回)、など。 ◆ビジョン・事業への想い◆ 私たちのビジョンは、全国の逸品を一つのプラットフォームで提供し、消費者の皆様に特別な商品体験をお届けすることです。お客様が当店を訪れた際に「いいもの、見つけた。」と特別な発見を感じていただけるような体験を提供したいと考えています。 一般の流通では手に入りにくい商品や、長年愛され続けてきた老舗の逸品をもっと多くの方々に知っていただきたいと強く願っています。日本国内にとどまらず、世界各地の優れた商品も積極的に取り入れ、多様なニーズに応えています。
【マーケティング戦略】300年の歴史を守り、次世代へ。シルク加工の革新的技術の認知拡大にサンカク!
浜縮緬工業協同組合
浜縮緬工業協同組合
座談会応募
【マーケティング戦略】300年の歴史を守り、次世代へ。シルク加工の革新的技術の認知拡大にサンカク!
私たち組合は、長濱シルクを製造している地場産業事業者(機屋)の出資により運営されています。組合の敷地内には機屋が製織した白生地のセリシンや汚れなどの不純物を除去する精練工場があります。当組合は毎年京都での「浜ちりめん・浜つむぎ白生地求評展示会」開催、ジャパンクリエーションやギフトショーへの出展、長浜市着物イベントへの協力など、白生地の新たな可能性を広げるべくさまざまな取組みを行っています。 遡ること712年、ここ長浜では「綾絹」という「絹の織物」が織られていた記録が残っています。 また平安朝時代には上糸生産国の筆頭産地として知られ、いにしえより上質な絹織物を生み出してきました。 1730年から1740年の間頃、浜ちりめんは始められ、現在に至るまで絹白生地界の最高峰と呼ばれてきました。 近年の和装需要の衰退により減産を余儀なくされる中、新たな新規需要開拓に取り組み、アパレル用広幅生地や健康美容関連商品の開発を行い、そしてシルクを洗濯機でも洗える「YasaSilk」加工事業を開始、その事業の拡大に大きな期待を寄せているところです。
【マーケティング戦術】300年の歴史を守り、次世代へ。シルク加工の革新的技術の認知拡大にサンカク!
浜縮緬工業協同組合
浜縮緬工業協同組合
座談会応募
【マーケティング戦術】300年の歴史を守り、次世代へ。シルク加工の革新的技術の認知拡大にサンカク!
私たち組合は、長濱シルクを製造している地場産業事業者(機屋)の出資により運営されています。組合の敷地内には機屋が製織した白生地のセリシンや汚れなどの不純物を除去する精練工場があります。当組合は毎年京都での「浜ちりめん・浜つむぎ白生地求評展示会」開催、ジャパンクリエーションやギフトショーへの出展、長浜市着物イベントへの協力など、白生地の新たな可能性を広げるべくさまざまな取組みを行っています。 遡ること712年、ここ長浜では「綾絹」という「絹の織物」が織られていた記録が残っています。 また平安朝時代には上糸生産国の筆頭産地として知られ、いにしえより上質な絹織物を生み出してきました。 1730年から1740年の間頃、浜ちりめんは始められ、現在に至るまで絹白生地界の最高峰と呼ばれてきました。 近年の和装需要の衰退により減産を余儀なくされる中、新たな新規需要開拓に取り組み、アパレル用広幅生地や健康美容関連商品の開発を行い、そしてシルクを洗濯機でも洗える「YasaSilk」加工事業を開始、その事業の拡大に大きな期待を寄せているところです。
過去に掲載した
ふるさと副業一覧
PAGE TOP