副業でスキルアップ。

ビジネスパーソンにはどんな副業がおすすめ?

将来を見据え、今の仕事や会社以外でも経験を積み、スキルアップしたいと考えたことはありませんか?副業に興味を持つ人や実際に始める人は増えているものの、目的を持ち副業に取り組んでいる人ばかりではありません。また、曖昧な気持ちで始めてしまい、本業に支障が出てしまうケースも少なくないでしょう。本記事では、副業を通じてスキルアップを図ることのメリット・デメリット、副業の選び方について説明しています。明確な目的・目標を持った上で、自分に合った副業を始めるため、ぜひ本記事をお役立てください。

副業でスキルアップがおすすめの理由

副業でスキルアップするメリット

最初にスキルアップの目的について、整理しておきましょう。
本業に関するスキルアップの場合、現在の自分に必要なスキル取得、将来必要となるスキル取得の2つに分けることができます。特に「本業で担当している仕事の知識や技術を磨いておきたい」と考える人や、「副業でチームリーダーなどの経験を積み、将来管理職となった際に役立てたい」といった考えを持つ人もいます。また、全く別の業種に転職するためのスキル取得も可能でしょう。

スキル取得について
スキル取得を考えている人は多いものの、実際に行動に移すとなるとさまざまな問題もあります。本業を継続しながら新しいスキルを取得するには、時間、金銭面での問題も少なくありません。スクールに通う方法もありますが、実践的な知識が身につけられるのか、学費の負担、通学や勉強時間の捻出など、クリアしなければいけない問題も多々あります。取得したスキルは、定期的に知識や技術をアップデートすることが求められます。積極的に個人の能力を磨くためにも、副業で実践を積みキャリアアップすることをおすすめします。

副業でスキルアップするメリット:従業員側

・収入を得ながら、自分のスキルをアップデートすることができ、成長につながる
・将来雇用が不安定になったとしても、多様な業務実績を積んでおくことで転職時に活用できる
・2拠点(在宅ワーク含む)で働くことで、リフレッシュやリセットが可能。モチベーションの向上につながる
・本業以外のスキルを得ることによる、将来へのリスクヘッジ

副業でスキルアップするメリット:企業側

・副業で得たノウハウや知識を本業で活かすことへの期待
・従業員の視野の拡大、能力開発への期待(経営者目線やリーダーシップ)
・経験を得たことによる従業員自身のやりがい増加、自信につながる

職種を問わず、仕事をする上でスキルアップは必要です。スクールに通いスキルアップする場合は学費や時間が必要ですが、副業の場合は実践的かつ収入が得られる場合も多く、効率的なスキルアップが期待できます。

副業でスキルアップを目指すデメリット

もちろん、副業によるスキルアップもメリットだけではありません。デメリットについても、あらかじめ把握しておくことが大切です。

副業でスキルアップするデメリット:従業員側

・労働時間増加による疲労蓄積、作業効率の悪化(本業への悪影響)
・労働基準法などに基づく、総労働時間管理の複雑化

副業でスキルアップするデメリット:企業側

・情報漏えいのリスク
・人材流出のリスク
・総労働時間管理の仕方

副業を禁止している企業は、上記のデメリットを強く感じているケースが多いといえます。

スキルアップになる副業の選び方

副業のメリット、デメリットについてお伝えしましたが、いかがでしたか?メリットを感じられるかどうかは、副業の選び方に大きく左右されます。ここからは、スキルアップになる副業の選び方について見ていきましょう。

本業に必要なスキルから選ぶ

本業として携わっている仕事でも、「実務経験が乏しい」「企業研修で得られる内容に満足できない」といったケースであれば、関連する副業を行って経験を積む方法がおすすめです。他社で働く方法だけでなく、クラウドソーシングサイトを活用してスキルアップを図る方法もあります。

将来的に身につけたいスキルから選ぶ

将来のキャリアアップを目指す上で、本業と関連する職種の視点・技術を身につけておくことが役に立つケースが多々あります。例えば、商品やサービスが売れる仕組みを作るマーケティングと、見込み客に直接商品の販売を行う営業の場合、両方の立ち位置を経験することで、本業を行うときに効果が出やすくなるでしょう。自分の前後の作業を把握することで、本業における視野も広がります。「営業とマーケティング」、「コンサルタントと事業開発」なども同様です。また、一見本業とは関係ない職種でもキャリアアップにつながる可能性はあります。

収入を第一の目的としない仕事を選ぶ

「副業」=「収入アップ」と考えることは否定しませんが、稼ぐことを第一の目的にした場合、スキルアップにつながらないケースが多いといえます。スキルアップ、キャリアアップを目的に副業をする場合は、「この副業を選ぶことで、求めているスキルを獲得し、目標に近づくことができるか」を考えることが大事です。仕事を選ぶ際には、本業に悪影響が出ないかどうかを考え、慎重に行うことをおすすめします。

副業だからチャレンジできる。異業種がキャリアアップにつながることも!

副業は、本業に良い結果をもたらすために始めるのがおすすめ、とお伝えしました。その一方で、本業とは違う異業種へのチャレンジがキャリアアップにつながることもあるなど、副業には大きな可能性があります。ここでは「副業だからこそできること」を見ていきましょう。

趣味を活かした副業や異業種にチャレンジ

本業のスキルアップにつながる副業が大切であることに変わりはありませんが、趣味を活かしたり、異業種にチャレンジしたりするなど、一見関係のない副業がご自身のキャリアアップにつながるケースもあります。デザインやイラストを好む人であれば、クラウドソーシングなどでスキルを磨くことで、自社内での資料作成や企画・広告などに活かすことも可能です。ブログや動画で趣味の内容を発信することが、SEOやマーケティングの勉強につながるケースも想定されます。また、実家の家業を継ぐ可能性のある人、異業種にチャレンジしたい人、将来は自分の能力を活かして地元に貢献したい人などは、本業とは違う副業にチャレンジすることで、将来の展望が開ける可能性もあります。固定観念に捕らわれず、チャレンジしてみましょう。思いがけず、新たなキャリアにつながることもあります。

副業からつながる起業でチャレンジ

副業でスキルアップを続けているうちに、「起業」を考えるビジネスパーソンの方も多いかもしれません。ネットショップやコンサルタント、エンジニア、ライターなど副業から起業につながりやすい職業は多数あります。とはいえ、スキルを磨かずに起業を行ったところで成功するのは難しいでしょう。本業と違う業種である場合、スキルを積みキャリアアップをしっかりと行いましょう。また、ビジネスパーソンを続けながら副業として起業を行うのであれば、本業に影響がないような職種を選択することも大切です。

会社と家との往復や組織内での交流から、一歩外へ踏み出してみませんか?「あなたを変えるかもしれない出会い」の場所で、「普段の仕事では得られない体験」や「企業への貢献を通じた腕試し」を1dayインターンシップで体験することができます。「サンカク」はそのチャレンジを応援します。

PAGE TOP