“オンラインサンカク” の検索結果一覧

社会人のインターンシップ

スポットディスカッション

日本初の「お部屋コンサルタント」サービス【BREDGE(ブリッジ)】の事業開発ディスカッションまたはヒアリングしませんか?
FELITAS合同会社
FELITAS合同会社
NEW
日本初の「お部屋コンサルタント」サービス【BREDGE(ブリッジ)】の事業開発ディスカッションまたはヒアリングしませんか?
BREDGE(ブリッジ)は日本初の「お部屋コンサルタント」サービスです。 >概要:https://bredge.jp/ お部屋コンサルタントは不動産免許なしで、誰でも複業/副業で 知人のお部屋探しから案内ができる新しい職業です。 いわば不動産業界のUberのような存在です。 これまで100名程度の方がお部屋コンサルタントとして活動しています。 ◆目指している世界◆ お部屋コンサルタントを拡大していくことで、 「信頼で家を選ぶ」という新しい住まい文化の創造と 住まい選びの新しい選択肢を作ることを目的に活動しています。 ■代表 本間誠士 私はこれまで上場企業の7割をクライアントとするIR領域に特化したコンサルタントとして活動していました。 そこで培った仮説検証の経験を基に 「友人や家族という信頼関係を前提にしたお部屋探しは、 新しい住まい文化を作るのではないか」と考えました。 結果としては仮説通りでした。 友人や家族に対して家を案内し、一緒に内見することは満足度の高い家選びに繋がることが分かったのです。 そのため、このお部屋コンサルタントのノウハウをBREDGE(ブリッジ)にまとめました。そして全国に広げることで、「信頼で家を選ぶ」という新しい住まい文化の創造と住まい選びの新しい選択肢を作ることに挑戦しています。 何卒宜しくお願い申し上げます。 ◆COO◆ 佐野創太 >詳細プロフィール:https://writing-partner.net/profile/ ”誤解の解消”を基に新サービスや新会社の事業開発からライティングを行うCWO(Chief Writing Officer)として活動しています。 BREDGE(ブリッジ)はお部屋コンサルタントという日本初のサービスであること、といった二つの理由から価値が正しく伝わりにくいサービスという課題を持っています。 そのため、BREDGE(ブリッジ)に興味を持ってくださった方の声を聞きながら、事業を推進したいと考えています。 宜しくお願いいたします。 ◆メディア掲載実積◆ 朝日新聞デジタル、excite、HOME'Sなど ◆登録お部屋コンサルタントの所属企業(順不同)◆ 株式会社リクルート住まいカンパニー、株式会社キャピタルメディカ、株式会社ハコクル、大同大学/NNJP、株式会社Another works、RYM&CO.inc、株式会社サザビーリーグHR、株式会社ファンコミュニケーションズ、dmm.com、株式会社リクルートキャリア エール株式会社、P&Gジャパン株式会社株式会社クラウドワークス、株式会社CAMPFIRE、READYFOR株式会社、株式会社LITALICO、エス・エム・エスキャリア、株式会社サイバーエージェント、株式会社ツクルバ、結婚相談所、株式会社LIFULL、株式会社デザインワン・ジャパン、楽天株式会社、株式会社メルカリ、dely株式会社、富士フイルムICTソリューションズ株式会社、コトラ株式会社、株式会社リクルートメディカルキャリア、三井住友カード株式会社、野村総合研究所、セカンドラボ株式会社、株式会社リブセンス、旭日工業株式会社、株式会社宣伝会議、株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社オブジェクティブカルク、レンティオ株式会社、株式会社産業経済新聞社、株式会社アルファセンセーション、株式会社電通、株式会社スペースマーケット、株式会社イーズド、株式会社ニューズピックス、株式会社CRANE 他
研究・実験スペース「シェアラボ」実現に必要なことをディスカッション
ちそう株式会社
ちそう株式会社
研究・実験スペース「シェアラボ」実現に必要なことをディスカッション
科学など知的好奇心を満たす(人がワクワクする)機会を提供するために、体験型移動博物館「Think Square」の企画運営、ワークショップ「ご近所大学理学部」などを展開し、展示・ワークショップを含め累計1300名以上に参加いただきました。また、多くのメディアに、展示やサービス紹介も取り上げていただいています。 Think Square Website https://www.think-squares.com/ <メディア掲載実績(抜粋)> ・2019/5/10付 読売新聞(武蔵野版) 25面 ・2019/4/22付 吉祥寺経済新聞  https://kichijoji.keizai.biz/headline/2742/ ・2018/7/2付 日経産業新聞 1面 次のステップとして、展示やワークショップなどで科学に興味を持っていただいた方が、自由に研究できる場「シェアラボ」の構築を目指しています。 シェアラボでは、例えば骨格標本の作成、解剖など生物学的研究、水質調査や電気分解など薬品・機器などを利用した化学実験、耐性や強度、運動など機器を利用した物理実験などを、手ぶらで訪れて、個人で、親子で、またラボ内の人とチームを作って研究できる場所にすることを想定しています。 研究テーマがない方でも、ガイドツアー、教科書などに記載されている実験ツアーなどを用意する予定です。 このシェアラボ実現に向けて、お持ちのご経験などを踏まえたディスカッション・ヒアリングをさせていただければ幸いです。
PAGE TOP