社会人のインターンシップ「サンカク」

会社を越えて成長企業にサンカクできる

クリエイターが活動するプラットフォーム「プレイグラウンド」のオープン・イノベーション戦略についてディスカッションしませんか?
Medium periods
株式会社Periods

クリエイターが活動するプラットフォーム「プレイグラウンド」のオープン・イノベーション戦略についてディスカッションしませんか?オンラインサンカクOK

  • 経営戦略
  • R&D
  • ビジネスモデル
No image
48が興味あり!

この企業のメンバー(ディスカッション参加者)

サンカク内容

お願いしたいこと

<企業、事業の内容>
2018年から、遊ぶことから仕事をつくり出すプラットフォームとして、「プレイグラウンド」というコミュニティを実験しています。

創造力豊かな人が活動を行い、企業や公的機関がその創造性を活用できたり、コミュニティ内の同志でプロジェクトを自走させることができる場所ができると、"労働のためのクリエイティブ"ではなく、"自然体から生まれるクリエイティブ"を発揮することで生きていけるインフラをつくることができるのではないか?と思って運営しています。

現在、ここでは普段では行いづらい公共のデザインや、特定の企業でしか持つことのできないアセットを利用したデザイン、マーケットがなく資本主義の上では取り残されてしまう社会課題の解決を行なっています。

「プレイグラウンド」での活動は、クライアントや案件ありきではなく、特定のテーマに興味をもつメンバーの集まる「クラン」から始まります。

※クランとは 同じ目標や⽬的を持ったプレイヤーが集まるチームのこと

「クラン」はそれぞれ教育、都市、ジェンダー といったカテゴリーに分かれており、 社会をデザインし豊かにすることを 共通の理理念としています。

このクリエイティブのアセットを活かして、オープン・イノベーション的に共創の事業立案、アライアンスを行なっていきたいと考えています。

▼詳しい理由についてのnote
内発的な動機から生まれるクリエイションは、共創型のオープン・イノベーションを加速するか?
https://note.mu/playground/n/nbc8e97e9f394

▼プレイグラウンドに関する記事
AIとBIの時代、これからの仕事は「遊び」から生まれる https://forbesjapan.com/articles/detail/20866

<ディスカッションの背景・内容>
・企業目線で、自発的に創作活動に取り組むクリエイターとできることを模索していきたい
・既存で進んでいるプロジェクトに関して、アライアンス戦略を模索したい
- インドでの学校建設プロジェクト
- 部活動の学習効果をデザインするプロジェクト
- 領域横断的なデザイン集団をつくるプロジェクト
- 途上国の特産品を使ってブランドをつくるプロジェクト
- 福祉業界の価値観を変えるブランドをつくるプロジェクト
- プロジェクト・ベースド・ラーニング(PBL)の学校を作るプロジェクト
- 空き家を有効活用可能に変えるプロジェクト
- 子供自身が学習設計に参加できるプロジェクト
- 禁煙日を記念日に変えるプロジェクト

<ディスカッションさせていただきたい方>
・スタートアップや、新しいことをしようとしている企業とのアライアンス経験がある方
・オープン・イノベーション的なプロジェクトの経験がある方
・「プレイグラウンド」に強い関心がある方
・クリエイティブの可能性について関心がある方
・社会に対する豊かさの提案を行なっていきたい方
・会社を忘れて、仲間と一緒に創作活動をしてみたい方

▼ディスカッションではなく参加に興味がある方はこちらからお申し込みください

プレイグラウンドへの招待|Playground | note(ノート) https://note.mu/playground/n/n8bdff518099a

<サンカクの形式>
・ディスカッション形式

基本的に設計者の富樫とのディスカッション。予定があえば運営メンバー複数人とのディスカッションとなります。

最初にプレイグラウンドについて詳しい説明をさせていただいた後に、ディスカッションに移れればと思います。

<スケジュール>
1回あたり1時間〜1時間半

開催場所

東京都渋谷区渋谷3-27-1 100BANCH 2F

募集中の案件をもっと見る