社会人のインターンシップ「サンカク」

会社を越えて成長企業にサンカクできる

<オンラインがオフラインを統合する>未来のUXについてサンカク募集!

2018.6.2(土) 開催

株式会社ビービット

<オンラインがオフラインを統合する>未来のUXについてサンカク募集!

O2O(Online to Offline:オンラインからオフラインへ送客)という言葉を聞かれたことがある方は多いと思うのですが、
OMO(Online merges Offline:オンラインがオフラインを統合する) という言葉を聞かれたことはありますか?
デジタル技術の進化により、オンライン/オフラインの垣根を越えたユーザ体験が注目されていますが、デジタルの変化の
先端の一つである中国では、オンラインによる世界観提供を主体としたユーザ体験設計が必須となりつつあります。

今回は、デジタルでのユーザ体験設計に特化したコンサルティングサービス、ソフトウェアサービスを提供をする
ビービットで、「オンラインがオフラインを統合した世界で提供するべきユーザ体験」について、
皆さんとアイディアを出し合いながら考えたいと思っています。

当日は、OMO先進国でもある中国の事例やトレンドをまずご紹介し、その後に新しいビジネスデザイン/ユーザ体験について
ディスカッションをしたいと思っています。参加予定の方には、追って当日のテーマについて広報させていただく予定です。

UI・UX業務の経験は問いません。今後のUXについて一緒に考えてみたい方や、OMOの概念/最新トレンドに
興味がある方など、様々な方にご参加いただきたいと考えております。皆様のサンカクをお待ちしております!

エントリーを締め切りました

ディスカッションさせていただきたい方

下記に当てはまる方は、ぜひ気軽にエントリーください!

  • ・これからの社会における新しい顧客体験・ビジネスについて一緒に考えてみたい方
  • ・オンラインがオフラインを統合した、新しいユーザ体験(UX)について興味がある方
  • ・WEBサービスの営業、マーケティング、企画開発などに携わったご経験がある方

サンカクするまでの流れ

  • STEP1

    エントリー
  • STEP2

    サンカク確定のご連絡
  • STEP3

    サンカク当日!
  • STEP4

    後日スカウトがかかる
    可能性もあるかも!?

・定員を超えたお申込みをいただいた場合は、ご登録のプロフィール情報とエントリー時に入力いただく追加情報を元に、当日ご参加いただく方を選出いたします。あらかじめご了承ください。
・選出後、サンカク確定のご連絡をさせていただきます。
・当日はグループ形式を予定しています。
・当日のディスカッションを通して当社社員が興味をもった場合は、ディスカッション後にスカウトさせていただく可能性もございます。

皆さまのサンカクをお待ちしております!

エントリーを締め切りました

開催概要

開催日程
2018/6/2(土) 受付開始13:45 14:00スタート~18:00終了予定 (懇親会込み)
※エントリー締め切り:5/30(水) 12:00予定 (状況によっては、早めに受付終了する場合がございます)
開催場所
ビービット 東京オフィス
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル7階(受付5階)
https://goo.gl/maps/tmAeDDi88sy
都営新宿線「市ヶ谷駅」A4出口徒歩1分
JR総武線「市ヶ谷駅」徒歩4分
東京メトロ有楽町線、南北線「市ヶ谷駅」A1-1出口徒歩4分

企業概要

株式会社ビービットについて

ビービットはユーザ理解に基づいて最高の体験を追求し続けることで、人間にとって真に品質の高いビジネスの実現を支援しています。顧客価値とビジネス成果を共に最大化させるコンサルティングサービスの運営と、マーケティング向けソフトウェアの提供をしています。
デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」
http://www.bebit.co.jp/usergram/
広告効果測定ツール「ウェブアンテナ」
http://www.bebit.co.jp/webantenna/

注意事項

  • ・定員を超えたお申込みをいただいた場合は、ご登録のプロフィール情報とエントリー時に入力頂く追加情報を元に、当日ご参加いただく方を選出いたします。あらかじめご了承ください。
  • ・後日、ご登録のメールアドレスまたはサンカク上のメッセージでサンカク運営事務局より参加可否のご案内をお送りします。そちらをもって参加可否確定となります。
  • ・本イベントの運営に関しては、株式会社リクルートキャリアが代行いたします。
エントリーを締め切りました

このディスカッションの関連キーワード